省エネ活動日記

マンションの避雷針交換工事

こんにちは。

 

設備工事事業部の中島です。

 

先日は、某マンションにて避雷針の交換工事を行いました。

古い避雷針や接地線等に関しては、位置の移動や屋上のアンテナ配置などで避雷針の

保護範囲からが外れてしまうことがあるようです。

 

今回の案件は、元々マンションの屋上に看板が設置してあり

その看板を撤去し避雷針は移設したものの、避雷針の設置高さが変わってしまったため

建物の保護が不完全なものになってしまったとのこと。

古い建物等は注意が必要です、雷での火事や電化製品の破損等起こってしまってからでは悔やむに悔やまれません。

 

話は変わりますが、電気設備工事に関わって20年と少々になりますが、

その間に電気工事に関する環境も大きく変わってきたと感じます。

一昔前は、現場での工事は有線の電動工具が主でしたが、

今では充電式のものがほとんどになりましたし、工事資材もかなり進歩しています。

 

充電といえば、固定買取制度(FIT)の買取価格の下落から蓄電池を利用した

自家消費型の太陽光発電システムが主流になりつつあると聞きます。

世界的に言われている、温室効果ガスの排出量削減や、化石燃料の使用量低減等々含め

変わり行く環境の中で社会に貢献できる事業を取り扱っていけたらと考えています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

最新の省エネ活動日記を見る

伊藤

東北送電事業本部石巻営業所 工事係

伊藤

[省エネ]って何?

こんにちは、東北送電事業本部石巻営業所・工事係の伊藤です。   今回は当営業所で行っている大きな「省エネ」活…
提案事例はこちら
eject TOP